子どもの通学時の防犯対策を考えましょう

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビのニュースや新聞記事などで、子供が重大な犯罪に巻き込まれてしまうという痛ましい話題を目にして、自分の子どもが被害に遭わないかを心配する親御さんは大勢いることでしょう。当然のことですが、子どもと大人では犯罪に関する知識や自分を守る力に差があります。
したがって、子供に対して犯罪に気を付けるようにしっかりと指導してあげることが大事であると共に、子供が被害に遭わないようにするための対策を、大人がしっかりとが考えてあげることもまた肝心だと言えます。そこで、どのような状況で子どもが犯罪の被害に遭いやすいかを考えてみると、通学時が最も危険ではないかと思われます。自宅や学校の中と比べると、その間を行き来している時は、悪意を持った人間が子どもに近付きやすいと言えるからです。

子供に対して注意するべきことをしっかりと教えておく

子どもが通学時に犯罪の被害に遭わないための対策としてまず考えられるのは、どのようなことに注意するべきかをしっかりと教えておくことです。子ども自身が自分の身を守ることを意識して行動する場合としない場合とでは、被害に遭う確率は当然違って来るでしょう。その例としてまず挙げられるのは、出来るだけ友だちと一緒に行動することです。子供が一人でいる状況では犯罪の被害に遭う可能性が高まることから、一人で行動する時間を少しでも短くすることが有効だと言えます。
また、人通りの多い道、明るい道、人家の近くにある道など、犯罪に遭いにくい、または遭いそうになった時に助けを求めやすい道を出来るだけ歩くようにするように教えるのも良いでしょう。さらに、甘い言葉に乗せられてしまわないように、知らない人とは会話しないように教えることも大事です。

子どもに防犯グッズを持たせておく

子どもに対して、犯罪に合わないためにはどうすれば良いかを教えておいたとしても、必ずしもその通りに行動することはできない場合もあるでしょう。例えば暗くて人通りの少ない道を、たった一人で歩かなければ家に帰れない子どももいると思われるからです。
そのような状況など、子ども自身の意識だけではどうにもならない場合を考えて、防犯グッズを持たせておくことも効果的な対策となります。その代表例と言えるのが防犯ブザーで、もし犯罪に巻き込まれそうになった時に使用すると、大きな音で周囲に危機を知らせることが可能となります。また、連れ去りなどの被害に遭ってしまった場合のことを考慮して、子供の居場所が確認できるGPS機能が付いた携帯電話を持たせておくことも効果的です。